大津市・草津市・栗東市・守山市で、家を売りたい

不動産(土地・建物・マンション)を売りたい


1、不動産業者の選び方

不動産(土地・建物・マンション)を売りたい場合、不動産業者の方に、買主の方を見つけてもらうよう、依頼されると思いますが、この不動産業者の選択は、慎重にしなければなりません。


業者名簿を確認する
滋賀県庁の土木交通部住宅課には、業者名簿というものがあり、
業者ごとに、営業成績などを閲覧することができます。

業者名簿で、チェックすべき項目
1、免許証番号
 不動産取引業をするには、免許が必要となっています。

免許は2種類あり、国土交通大臣免許と、都道府県知事免許があります。
 たとえば、滋賀県内にしか、営業所がない会社では、滋賀県知事免許となっており、
 滋賀県と京都府のように、2つの都道府県にまたがって、営業所がある会社の場合は、国土交通大臣免許となっています。

免許番号は、滋賀県知事免許(○)第○○○○号と表示されています。
 ( )内の数字は、更新の回数です。
 この数字が大きいことは、業者の営業年数の長さを示すことにはなりますが、
 営業歴が長いからといって安心はできません。

2、過去の営業成績
 免許を更新している業者であれば、更新の免許申請前5年間の取引件数や額が、
 売買、代理・媒介ごとに、掲載されています。

3、商号、代表者、事務所の所在地
 商号(社名)や、代表者を頻繁に変えている会社は、要注意です。

4、取引主任者、従業員
 従業員の出入りが激しい業者も、要注意です。
 従業者名簿の従業者証明書番号の頭部4桁はその業者での勤務開始年月です。

5、資産状況等

6、納税状況

7、業界団体への加入状況

TVでコマーシャルをしているからといって、必ずしも、信頼できるわけではないですし、実績もさまざまです。

中には、違反行為をして、行政処分を受けている会社もありますので、ご注意ください。

→ 行政処分を受けた滋賀県の不動産業者

大津法務コンサルティングでは、信頼できる不動産業者の方を紹介して欲しい、というご要望にもお応えしています。
(※もちろん、紹介料などは発生しませんので、ご安心ください)

2、不動産を売却する際の登記手続き

1、住所変更登記
売却したい不動産の登記簿上の住所と、現在の住所が異なる場合は、住所変更登記が必要です。

2、抵当権抹消登記
売却したい不動産に抵当権が設定されている場合は、抵当権抹消登記が必要です。買主や売却代金が決まったら、登記に必要な書類を準備してもらうために、抵当権者(銀行などお金の貸主)に連絡しなければなりません。

3、所有権移転登記
売買代金や、鍵の受け渡しの日に、所有権移転登記を申請します。権利書や、印鑑証明書をご準備ください。

3、登記に必要な書類

<売主さま>

・不動産(土地・建物)の固定資産評価額証明書(または、納税通知書)

・印鑑証明書

・権利証(または、登記識別情報通知)

・住民票(登記簿上の住所と現住所が異なる場合のみ)

・戸籍謄本(登記簿上の氏名と今の氏名が異なる場合のみ)

・公的本人確認書類(運転免許証など)

4、不動産登記に関する、よくあるご質問

→ よくあるご質問を見る



名義変更の問い合わせをする