合同会社設立の流れ

合同会社設立の流れ

合同会社設立のご相談予約

まずは、お電話でご予約ください。
「合同会社を作りたい」「会社設立の相談をしたい」などと、お伝えください。
来所日時の調整と、お持ちいただきたい書類をご案内します。

     ↓

ご来所

合同会社設立の流れ・費用について、ご説明いたします。
会社名、事業内容、資本金など、合同会社設立に必要な項目について、お聞き取りいたします。

     ↓

合同会社の商号(会社名)・合同会社の目的(事業内容)調査

ご希望の社名で登記しても問題ないか、また、事業内容をカバーする文言・登記内容を検討し、法務局と打ち合わせをします。

     ↓

合同会社の実印・銀行印の作成

会社名が問題なければ、会社の実印・銀行印を作成して頂きます。

     ↓

合同会社設立に必要な書類の作成

定款や、代表社員の就任承諾書、委任状など、合同会社設立に必要な書類を作成します。

     ↓

合同会社への出資金の支払い

資本金として決定した金額を、代表者の口座にお振込み頂きます。
(合同会社名義の銀行口座は、この時点では作れませんので、便宜、代表者の方の個人の口座に出資金の支払いをして頂きます)

     ↓

合同会社設立に必要書類にご署名・ご捺印

電子定款作成の委任状、代表社員の就任承諾書、資本金の払込証明書などに、ご署名・ご捺印頂きます。

     ↓

合同会社の設立登記申請

大安、先勝など、ご希望の日に、合同会社の設立登記の申請をします。この日が、会社の設立日になります。

     ↓

合同会社の設立登記の完了

合同会社の設立登記が完了したら、会社の謄本、印鑑カード、印鑑証明書をお渡しします。

会社の登記が完了すると、会社の口座が作れます。
合同会社の口座開設には、会社の謄本、会社の印鑑証明書、会社の銀行印、代表者の免許証などが必要です。金融機関にもよりますが、口座開設には、概ね、2週間程度かかるようです。

また、合同会社の設立が完了したら、税務署、市役所、県庁への届け出もしなければなりません。

大津市の合同会社の設立