大津、本社、本店移転、登記、司法書士

本社(本店)の場所を変えたい(株式会社の本店移転登記)

本店移転

1、本社の場所を変えるには、登記申請が必要です

本社の場所は、登記事項ですので、変更するには、登記申請をしなければなりません。

2、定款を確認しましょう

定款には、必ず、本店の所在地が記載されています。

たとえば、定款に、本店所在地として「滋賀県大津市」と記載されている場合に大津市以外(たとえば、草津市)へ移転するには、株主総会で、定款変更の決議をしなければなりません。

大津市内で、本店を移転する場合は、取締役会または、取締役の多数決で決定することができます。

3、2週間以内に登記申請します。

  • 大津市内で移転する場合
    1.取締役の多数決で、本店の場所を決めます。
    2.本店を管轄する法務局へ登記申請します。
  • 大津市 → 草津市(法務局は同管轄)へ移転する場合
    1.株主総会で定款変更決議をします。
    2.本店を管轄する法務局へ登記申請します。
  • 大津市 → 京都市(法務局は別管轄)へ移転する場合
    1.株主総会で定款変更決議をします。
    2.「旧」本店を管轄する法務局へ登記申請します。

4、本店移転に必要な書類等

  1. 定款
  2. 会社の謄本
  3. 株主名簿
  4. 株主総会議事録(定款変更が必要な場合)
  5. 取締役会議事録(または、取締役の過半数の同意書)
  6. 会社の実印
  7. 社長の公的本人確認書類(運転免許証など)

株主総会議事録や、取締役会議事録は、当事務所で作成します。

5、ご依頼頂く際の流れ

「本店移転の登記をお願いしたい」と、お電話ください。
    ↓

ご来所頂く日時を調整いたします。
    ↓

会社の謄本、定款、株主名簿(ある場合のみ)をお持ちください。
    ↓

ヒアリング(移転場所について)
    ↓

書類作成(株主総会議事録、取締役会議事録、委任状等)
    ↓

書類にご捺印頂きます。
    ↓

法務局へ登記申請
    ↓

登記完了
    ↓

書類のお渡し

6、会社・法人登記に関する、よくあるご質問

→ よくあるご質問を見る

以下のご質問にお答えしています。

  1. 資本金1円で、会社を作ることができるのですか?
  2. 役員1人だけでも、会社は作れますか?
  3. 株式会社を作りたいのですが、どれぐらいの期間で出来ますか?
  4. 官報公告には、どれぐらいの費用がかかりますか?
  5. 有限会社を作りたいのですが?
  6. 会社の印鑑証明書は、どうやったら取得できますか?
  7. 会社の印鑑カードを紛失してしまったのですが、再発行は可能ですか?
  8. 取締役や監査役に、任期はあるのですか?
  9. 取締役の任期が満了したので、同じ人を再任したのですが、その場合でも、登記は必要ですか?
  10. 取締役会・監査役を廃止し、取締役1名にしたいのですが?
  11. 会社を閉じようと思うのですが

7、当事務所で手続きした場合の料金

手続き内容報 酬実 費
本店移転登記手続き
(同管轄「内」)
25,0001.登録免許税:30,000円
2.郵送料:2,400円
本店移転登記手続き
(管轄「外」)
45,0001.登録免許税:60,000円
2.郵送料:2,400円
現在の謄本内容調査500印紙代:337円
登記完了後の
登記事項証明書取得
1,000印紙代:500円(管轄内) or 1,000円(管轄外)

※ 移転の場所が、現在の本社と同じ法務局の管轄であれば、同管轄「内」の場合に該当します。ちなみに、現在、滋賀県内に本社があり、滋賀県内で、本社を移転する場合は、同管轄「内」です。



本社(本店)移転登記の問い合わせをする