大津市の合同会社設立

合同会社(LLC)を作りたい

合同会社とは、有限責任社員のみで構成される持分会社の1つです。
持分会社は、株式会社と異なり、出資者自らが、社員(役員)となって業務運営に当たります。

1、まず、定款を作成する必要があります。

株式会社の場合と異なり、公証人の認証は不要です。

定款には、以下のものを記載します。

  1. 事業内容
  2. 会社名
  3. 本社の住所
  4. 社員(役員)の名前と住所
  5. 業務執行社員
  6. 出資額
  7. 公告方法

2、次に、代表者を決めます。


社員(役員)は、一人でも問題ありません。
社員が2人以上いる場合は、代表社員を決めることもできます。

3、出資をします。

銀行口座に、会社の資本金となる金額を入金します。

4、登記をします

以下の事項を登記します。

  1. 事業内容
  2. 会社名
  3. 本店の住所
  4. 資本金の額

5、合同設立に必要な書類等

・代表出資者の預金通帳

・代表者となる方の印鑑証明書

・代表者となる方の公的本人確認書類(運転免許証など)

・会社の実印

6、当事務所で手続きした場合の料金

→ 料金表を見る

合同会社の設立登記の問い合わせをする