財産分与・離婚協議書(公正証書)

離婚の財産分与として、家の名義書き換えをしたい


1、離婚によって、家を財産分与された場合は、登記が必要です。

話し合いがまとまりそうな場合は、当事務所でも公正証書による離婚協議書の作成も承っております。

話し合いがまとまらず、調停などの裁判所を通した手続きとなる場合は、信頼できる弁護士を紹介いたします。

2、登記に必要な書類

・離婚協議書(または、離婚調停調書、離婚審判書)

・戸籍謄本

・不動産(土地・建物)の固定資産評価額証明書(または、納税通知書)

・ご依頼者さまの住民票

・ご依頼者さまの認め印

・ご依頼者さまの公的本人確認書類(運転免許証など)

・登記済証(または、登記識別情報通知)

・現所有者さまの委任状

・現所有者さまの印鑑証明書

上記3点は、協議離婚の場合のみ必要です。

3、不動産登記に関する、よくあるご質問

→ よくあるご質問を見る

4、当事務所で手続きした場合の料金

→料金表を見る



財産分与登記の問い合わせをする