遺産分割協議の特別代理人(未成年)

未成年の相続人がいる

ここでは、相続人に未成年者がいる場合の、遺産分割協議の手続きについて、ご説明いたします。

1、未成年者には、特別代理人をつけなければなりません。

相続人の中に、未成年者がいた場合、未成年者単独では、遺産分割協議に参加することはできません

通常は、親権者(親)が未成年者の代理人となりますが、たとえば、父親が亡くなり、相続人が、妻と子どもである場合は、妻(母親)と子どもの利益が相反することとなる(親が代理人として、子どもの相続分を少なくし、自分の相続分を多くできてしまう)ため、妻は、子どもの代理人となることができません。

この場合は、家庭裁判所(子の住所管轄)に特別代理人を選任してもらうことになります。

もし、未成年者が2人なら、それぞれに、別々の特別代理人が必要になります。

2、相続に関する、よくあるご質問

→ よくあるご質問を見る

3、特別代理人選任に必要な書類

・未成年者の戸籍謄本

・親権者の戸籍謄本

・特別代理人候補者の住民票

・遺産分割協議書(案)



特別代理人の選任について問い合わせる