自己破産の申し立てに必要なもの

司法書士大津法務コンサルティングでは、

多くの方から、借金問題のご相談を頂いております。

借金問題の解決方法の一つに、自己破産があります。

自己破産するには、裁判所に申し立てをする必要があります。

裁判所に提出する書類は、決められており、

具体的には、以下のとおりです。

1、住民票

2、家計収支表(いわゆる、家計簿)

3、給与明細

4、児童手当などの受給証明書

5、源泉徴収票

6、家の賃貸借契約書

7、預金通帳

8、保険証券

9、車検証

10、退職金の見込額証明書

11、陳述書

12、財産目録

上記のほかにも、状況により、提出しなければならないものもあります。

司法書士大津法務コンサルティング

代表・司法書士 横田 聡

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする