相続人がアメリカ在住でも、相続手続きお受けしています

今回、司法書士大津法務コンサルティングに

ご依頼頂いた相続手続きでは、

相続人のお一人が、アメリカに住んでおられました。

その方は、現在、日本国籍を離脱され

アメリカ国籍となっておられました。

アメリカには、日本のような、

実印登録制度はありません。

ですので、アメリカ国籍の方が

日本で実印を求められる手続きをするには

アメリカの公証人の面前で署名し、

証明をもらいます。

また、当事務所では

アメリカへの書類の郵送には、

EMS(国際スピード郵便)を

利用しています。

EMSを利用すると、早ければ、

3日程度で、

滋賀県大津市から、アメリカへ

書類を郵送することができます。

相続人の方がアメリカ在住であっても、

国内在住の場合と、

ほぼ変わらない期間で

手続きが可能です。

相続手続きは

司法書士大津法務コンサルティングに

お任せください。

司法書士大津法務コンサルティング

司法書士 横田 聡

img_soudan

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする