【実績】個人再生で、2400万円の借金が300万円に

以下は、当事務所にご依頼頂いた方の実例です。

(ただし、ご本人を特定できないよう、詳細は記載しておりません)

競売により、マイホームを失い、残った住宅ローン1,500万円と、

銀行やクレジットカード、消費者金融からの借入総額900円の

合計2,400万円の借金がある状態で、ご相談に来られました。

会社員として、安定的な収入がある方でしたので、

小規模個人再生の申し立てを選択しました。

小規模個人再生とは、借金の一部を、3年~5年で支払うことにより、

残りの借金を免除してもらうことができる手続きです。

今回は、300万円を返済すれば、

残りの2,100万円が免責されることとなりました。

司法書士大津法務コンサルティング

代表・司法書士 横田 聡

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする