登記識別情報の様式が変わります

 

 

マイホームを購入したり、

不動産を相続した際に交付される

登記識別情報(権利証)の様式が、

変わります。

 

現在は、12桁のパスワードを

目隠しシールで封印して

見えなくしていますが、

 

今後は、シールを貼らずに、

用紙を折りたたんで、見えなくし、

のり付けする方法へと

変更になります。

 

シール方式では、

シールがきちんとはがれず

パスワードを読み取ることが

できないこともあったため、

その対策の措置だと思われます。

 

以下は、新たな登記識別情報の見本です。

 

mihon1

 

登記識別情報の様式変更は、

全国で、順次行われますので、

滋賀県で導入されるのは、

おそらく4月以降になると思われます。

 

大津法務コンサルティング

司法書士 横田 聡

img_soudan

タイトルとURLをコピーしました