空き家問題で司法書士と市町村が協定

新潟県司法書士会と燕市は

空き家問題対策のため、協定を締結しました。

人口減少社会において、

空き家は、今後さらに増大していくことが予想されます。

市民の方々の生活を守るため、

特定空き家(倒壊の恐れや衛生上問題のある空き家)の発生防止や

空き家の有効活用を図っていくため、

司法書士は、

空き家の権利関係に関する専門家・相談窓口として、

市町村等の自治体からも

期待されています。

大津法務コンサルティング

司法書士 横田 聡

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする