2025年には700万人が認知症に!?

厚生労働省が発表した「成年後見制度の現状」によると


2025年には700万人もの人が


認知症になるという。



成年後見制度の利用状況



認知症の人をサポートする仕組みとして



成年後見制度がある




成年後見制度は2000年にスタートし



20年が経過した






2019年12月末現在の成年後見制度の利用者は



約22万人であった




私(司法書士横田聡)は、現在、5人の方の成年後見人に就任している。





一方、ドイツでは、約130万人が成年後見制度を利用しているといい



まだまだ、日本での利用者は少ない。





成年後見制度の利用方法




すでに、認知症などで判断能力が低下している場合は、


家庭裁判所に申立てをする




家庭裁判所が後見人を選ぶため



自分で後見人を決めることはできない

(申立時に候補者を立てることはできるが
必ず選任されるわけではない)




一方、元気なうちに、


後見人を決めておくこともできる。



将来、認知症になったときに


後見人になって欲しい人を、あらかじめ


決めておくことができる。


これを任意後見という。






申立に関する詳しい内容に興味がある方は



当事務所のホームページをご参照ください


当事務所について

滋賀県大津市松原町12-13

キッパーズビル2階

(石山駅徒歩6分・平和堂石山店の駐車場南隣)

司法書士大津法務コンサルティング

代表・司法書士 横田 聡(司法書士歴14年目)

→ 詳しいプロフィール

TEL:077-572-5720

(電話受付 午前9時~午後7時)(完全予約制・土日祝対応可)

※申し訳ありませんが、電話のみの相談は受けておりません。

取扱業務

1、成年後見
  ・成年後見の申立
  ・成年後見人

  ※積極的に、成年後見人に就任しています

2、相続
  ・相続手続き丸ごとお任せサービス
    預金解約、土地・建物、株式等の売却や名義変更、保険金の請求など
  ・相続登記
  ・相続放棄
  ・相続財産管理人選任申立て
  ・不在者財産管理人選任申立て

3、借金問題
  ・任意整理
  ・自己破産
  ・個人再生

4、土地・建物の登記(名義変更)
  ・売買
    ※個人間の不動産売買もサポートしています
  ・相続
  ・財産分与(離婚)
  ・贈与
  ・所有権保存(※建物新築後にする登記)
  ・抵当権抹消
  ・抵当権設定
    住宅ローンを借りる際
    または、個人間で不動産を売買するときに
    売買代金を分割払にするときは、抵当権を設定しています  

5、会社・法人の登記
  ・設立
  ・役員変更
  ・代表取締役(代表社員)の住所変更
  ・目的追加(事業内容の変更)
  ・本店移転
  ・増資
  ・商号変更(会社名の変更)

6、家族信託

7、遺言

  ・遺言書作成
  ・遺言執行者業務

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする