民法改正へ 再婚禁止期間撤廃

妊娠している女性は、離婚後100日間は結婚できない


とする規定を撤廃へ




再婚禁止期間(民法733条)とは?



733条を要約すると



妊娠している女性は、離婚から100日間経過しないと再婚できない



ただし、離婚後に出産した場合を除く



と規定されている






これは、民法772条に



結婚後200日経過後に生まれた子は



その結婚相手の子と推定する



という規定と




離婚後300日以内に生まれた子は



前夫の子と推定する



という2つの規定があるためだ






離婚後100日以内に再婚してしまうと



前夫の子か、再婚相手の子かを



法律上決められないため



再婚禁止期間が設けられていた





なぜ、今改正するのか?




離婚後300日以内に出産すると



たとえ、その子の父親が、前夫以外であったとしても



現在の法律では前夫となってしまう





これを避けるため



出生届を出さず



子が、無戸籍となってしまう事例があった





法務省によれば、



無戸籍者は全国に900人以上いることが



判明している




これからは




法制審議会の中間試案によると



離婚後300日以内に生まれた子であっても



再婚していれば、再婚相手の子とする



という規定が設けられることになりそうだ




ただし、法改正は、これからである




当事務所について

滋賀県大津市松原町12-13

キッパーズビル2階

(石山駅徒歩6分・平和堂石山店の駐車場南隣)

司法書士大津法務コンサルティング

代表・司法書士 横田 聡(司法書士歴14年目)

→ 詳しいプロフィール

TEL:077-572-5720

(電話受付 午前9時~午後7時)(完全予約制・土日祝対応可)

※申し訳ありませんが、電話のみの相談は受けておりません。

取扱業務

1、成年後見
  ・成年後見の申立
  ・成年後見人

  ※積極的に、成年後見人に就任しています

2、相続
  ・相続手続き丸ごとお任せサービス
    預金解約、土地・建物、株式等の売却や名義変更、保険金の請求など
  ・相続登記
  ・相続放棄
  ・相続財産管理人選任申立て
  ・不在者財産管理人選任申立て

3、借金問題
  ・任意整理
  ・自己破産
  ・個人再生

4、土地・建物の登記(名義変更)
  ・売買
    ※個人間の不動産売買もサポートしています
  ・相続
  ・財産分与(離婚)
  ・贈与
  ・所有権保存(※建物新築後にする登記)
  ・抵当権抹消
  ・抵当権設定
    住宅ローンを借りる際
    または、個人間で不動産を売買するときに
    売買代金を分割払にするときは、抵当権を設定しています  

5、会社・法人の登記
  ・設立
  ・役員変更
  ・代表取締役(代表社員)の住所変更
  ・目的追加(事業内容の変更)
  ・本店移転
  ・増資
  ・商号変更(会社名の変更)

6、家族信託

7、遺言

  ・遺言書作成
  ・遺言執行者業務

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする