領収書のスキャン保存 要件大幅緩和へ


税務関連の領収書について、電子スキャンの要件を大幅緩和へ


領収書は紙で保管するのが原則


国税庁のホームページによると



確定申告書に添付した領収書は



7年間保管する必要があり



紙による保存が原則とされている


No.5930 帳簿書類等の保存期間及び保存方法
(国税庁のホームページへ)





事業規模が大きい会社であれば



領収書を保管するためだけに倉庫が必要となるなど



大きなコストがかかる






電子保存は認められてなかったの?




これまでもスキャナ保存制度はあったが



事前に税務署長の承認を得る必要があったり



スキャンする期限は3営業日以内



必ず2人以上の担当者が実施するなど



要件が厳しく



導入にはハードルが高かった





国税庁の統計によると



導入企業はわずか4,000社程度だという





これからは?




税務署長への事前届出や



領収書のスキャン期限



2人以上で実施するなどの



厳しい要件を緩和し



代わりに



データ改ざんなど



不正が発覚した場合の罰則



重加算税が重くなるようだ





この電子帳簿保存法の改正案が



2021年に施行されれば



来年(2022年)以降に保存する領収書について



スキャン保存が可能となる



ブログランキング参加中

クリックすると順位を確認できます  

にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村

当事務所について

滋賀県大津市松原町12-13

キッパーズビル2階

(石山駅徒歩6分・平和堂石山店の駐車場南隣)

司法書士大津法務コンサルティング

代表・司法書士 横田 聡(司法書士歴14年目)

→ 詳しいプロフィール

TEL:077-572-5720

(電話受付 午前9時~午後7時)(完全予約制・土日祝対応可)

※申し訳ありませんが、電話のみの相談は受けておりません。

取扱業務

1、成年後見
  ・成年後見の申立
  ・成年後見人・保佐人・補助人・監督人就任
  ・任意後見

  ※積極的に、後見人に就任しています

2、相続
  ・相続手続き丸ごとお任せサービス
    預金解約、土地・建物、株式等の売却や名義変更、保険金の請求など
  ・相続登記
  ・相続放棄の申立書作成
  ・遺産分割調停の申立書作成
  ・相続財産管理人選任の申立書作成
  ・不在者財産管理人選任の申立書作成
  ・裁判所に対する戸籍訂正の申立書作成

3、借金問題
  ・任意整理
  ・自己破産
  ・個人再生

4、土地・建物の登記(名義変更)
  ・売買
    ※個人間の不動産売買もサポートしています
  ・相続
  ・財産分与(離婚)
  ・贈与
  ・所有権保存登記(※建物新築後にする登記)
  ・抵当権抹消登記
  ・住所や氏名の変更登記
    外国人登録原票記載事項証明書の取得サポートも
  ・抵当権設定登記
    ・住宅ローンを借りるとき
    ・住宅ローンを借り換えするとき
    ・競売の落札代金を銀行借入で払うとき
    ・不動産の売買代金を分割払いにするとき
  ・仮登記  

5、会社・法人の登記
  ・設立
  ・役員変更
  ・代表取締役(代表社員)の住所変更
  ・目的追加(事業内容の変更)
  ・本店移転
  ・増資
  ・商号変更(会社名の変更)
  ・有限会社から株式会社への変更など

6、家族信託

7、遺言・死後事務

  ・遺言書作成
  ・遺言執行者業務
  ・死後事務

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする