司法書士と市町村が災害協定

埼玉県越谷市は、司法書士会と、

「災害時における被災者等相談の実施に関する協定」を

締結しました。

この協定により、

災害発生時に、市の要請に応じて、

司法書士が相談員として派遣されますので、

被災者の方の、ご相談に、

スムーズに対応できることになりました。

被災者の方への相談業務としては、

相続に関するもの

不動産登記(土地・建物の名義変更)に関するもの

商業・法人登記(会社の登記)に関するもの

・行方不明になった方の財産管理に関するもの

成年後見制度に関するもの

など、となります。

埼玉県内では、すでに、和光市、草加市が、

同様の協定を締結しています。

今後は、このような動きが、

全国的に広がっていくと

思われます。

大津法務コンサルティング

司法書士 横田 聡

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする