司法書士の仕事(不動産売買の登記)

 

 

今日は、久しぶりに彦根まで行ってきました。

彦根は、大津より、2度ぐらい寒いですね。

雪も、舞っていました。

 

マイホームを購入されるお客様が

住宅ローンを借りられるので、

融資をする銀行まで

書類を取りに行ってきました。

 

不動産取引では、

売買代金全額の支払いと同時に

鍵の引渡しを行う(決済と言います)のですが、

それと同時に、

登記名義を、確実に、買主様に

移転できることを

司法書士が保証します。

 

決済の日には、

不動産の仲介業者の方や、

売主様に融資をしていた金融機関の方など

多いときには、

10人ほどの方が集まります。

 

書類の不備などがあって、

決済ができないと

困りますので、

司法書士は、

書類のチェックをきちんと行い

当日、スムーズに手続きが進むように

万全の準備をしているのです。

 

派手な仕事ではないかもしれませんが、

危ない所を予見して、

対策を講じています。

 

ここが、司法書士の腕の見せ所ですね。

 

不動産登記は、大津法務コンサルに

お任せください。

 

大津法務コンサルティング

司法書士 横田 聡

 

img_soudan

タイトルとURLをコピーしました