外国人の方が取締役に就任した場合の登記手続き

 

 

先日、フィリピン人の方が、新たに取締役に就任したため

その登記手続きのご依頼を頂きました。

 

フィリピンに居住されていますので、

EMS(国際スピード郵便)を使い、

就任承諾書等の書類のやり取りをしました。

 

フィリピンには、印鑑登録制度がありませんので、

書類には、公証人の面前で署名してもらい、

公証人に署名証明書を発行してもらいます。

 

さらに、現在は、取締役の就任登記申請の際に、

取締役の本人確認書類として、

住民票や、運転免許証のコピーを提出する必要がありますが、

今回は、TINナンバーカードを

その代用として使いました。

 

※TINナンバーカードとは、

フィリピンの税務署が発行している

納税番号が記載されたカードで、

住所、氏名、顔写真が掲載されています。

 

さらに、上記書類の日本語訳を作成し、

登記申請します。

 

役員変更登記は、

司法書士大津法務コンサルティングに

お任せください。

 

タイトルとURLをコピーしました