とうけんの登録証を紛失した?

その他

合同会社リーガル不動産 ← グループ会社:合同会社リーガル不動産のページへ

 

 

こんにちは

 

 

滋賀県大津市の司法書士横田聡です

 

 

相続手続きにおいて

 

 

自宅に保管されていた

 

 

刀剣(とうけん)の取り扱いについて

 

 

珍しい事例でしたので

 

 

備忘録として残しておきたいと思います

 

 

 

刀剣は

 

 

原則として

 

 

所持できませんが

 

 

美術品として価値のある

 

 

刀剣は

 

 

銃砲刀剣類登録審査会で審査を受け

 

 

「銃砲刀剣類登録証」の交付を受ければ

 

 

所持することができます

 

 

銃砲刀剣類所持等取締法

(所持の禁止)
第三条 何人も、次の各号のいずれかに該当する場合を除いては、銃砲若しくはクロスボウ(引いた弦を固定し、これを解放することによつて矢を発射する機構を有する弓のうち、内閣府令で定めるところにより測定した矢の運動エネルギーの値が、人の生命に危険を及ぼし得るものとして内閣府令で定める値以上となるものをいう。以下同じ。)(以下「銃砲等」という。)又は刀剣類を所持してはならない。
六 第十四条の規定による登録を受けたもの(変装銃砲刀剣類等を除く。)を所持する場合

(登録)
第十四条 都道府県の教育委員会(地方教育行政の組織及び運営に関する法律(昭和三十一年法律第百六十二号)第二十三条第一項の条例の定めるところによりその長が文化財の保護に関する事務を管理し、及び執行することとされた都道府県にあつては、当該都道府県の知事。以下同じ。)は、美術品若しくは骨とう品として価値のある火縄式銃砲等の古式銃砲又は美術品として価値のある刀剣類の登録をするものとする。
2 銃砲又は刀剣類の所有者(所有者が明らかでない場合にあつては、現に所持する者。以下同じ。)で前項の登録を受けようとするものは、文部科学省令で定める手続により、その住所の所在する都道府県の教育委員会に登録の申請をしなければならない。
3 第一項の登録は、登録審査委員の鑑定に基いてしなければならない。
4 都道府県の教育委員会は、第一項の規定による登録をした場合においては、速やかにその旨を登録を受けた銃砲又は刀剣類の所有者の住所地を管轄する都道府県公安委員会に通知しなければならない。
5 第一項の登録の方法、第三項の登録審査委員の任命及び職務、同項の鑑定の基準及び手続その他登録に関し必要な細目は、文部科学省令で定める。

 

 

詳しくはコチラ

 

 

司法書士大津法務コンサルティング

代表・認定司法書士 横田 聡

TEL:077-572-5720

メールで問い合わせする

★事務所ホームページ★ ← クリック

合同会社リーガル不動産 ← グループ会社:合同会社リーガル不動産のページへ

 

 

ブログランキング参加中

クリックするとランクを確認できます

にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ

にほんブログ村

 

 

当事務所について

滋賀県大津市松原町12-13

キッパーズビル2階

(石山駅徒歩7分・平和堂石山店の駐車場南隣)

司法書士大津法務コンサルティング

代表・認定司法書士 横田 聡(司法書士歴16年目)

→ 詳しいプロフィール

TEL:077-572-5720

(電話受付 午前9時~午後7時 日曜を除く)

(完全予約制・土日祝対応可)

取扱業務

1、相続

・相続手続き丸ごとお任せサービス
預金解約、土地・建物、株式等の売却や名義変更、保険金の請求など
・相続登記(不動産の名義変更)
・相続放棄申述書作成
・遺産分割調停の申立書作成
・相続財産管理人選任の申立書作成

2、遺言・終活・死後事務

・相続対策コンサルティング
・遺言書作成(自筆・公正証書・遺言書保管制度サポート)
・遺言執行者業務
・エンディングノート
・終活サポート
・おひとりさまの死後事務(火葬・埋葬なども)

3、成年後見

・成年後見の申立
・成年後見人・保佐人・補助人・監督人就任
・任意後見
・後見登記(死亡、住所移転)

※積極的に、後見人に就任しています

4、民事信託(家族信託)

・信託契約書の作成
・信託の登記
・信託監督人

5、土地・建物の登記(名義変更)

・売買
※個人間の不動産売買もサポート
・相続
・財産分与(離婚)
※離婚合意書の作成や公正証書作成支援も
・贈与
・所有権保存登記
※建物新築後にする登記
・抵当権抹消登記(※住宅ローン完済時の登記)
※休眠担保権の抹消も
・住所や氏名の変更登記
※外国人登録原票記載事項証明書の取得サポートも
・抵当権設定登記
・住宅ローンを借りるとき
・住宅ローンを借り換えするとき
・競売の落札代金を銀行借入で払うとき
・不動産の売買代金を分割払いにするとき
・根抵当権設定登記
・仮登記
・賃借権設定登記など

6、会社・法人の登記

・設立
・役員変更
・代表取締役(代表社員)の住所変更
・目的変更(事業内容の追加など)
・本店移転
・増資(資本金の増額)
・減資(資本金の減額)
・支店設置や廃止
・商号変更(会社名の変更)
・有限会社から株式会社への変更など
・会社の解散・清算

7、会社の顧問

・株主名簿管理人
・株主総会招集・運営サポート・議事録作成
・取締役会議事録作成
・定款の見直し
・役員変更などの各種登記
・不動産購入や売却サポート
・少数株主の株式買取サポート
・事業承継
・Web集客コンサルティング

8、借金問題

・任意整理
・自己破産
・個人再生
・消滅時効援用文書の作成
・支払督促
・過払金返還請求

9、その他

・不動産(土地・建物・マンション)の売却(代表が社長を務める合同会社リーガル不動産にて)
・競売不動産取得サポート
・離婚合意書(公正証書)作成サポート
※話し合いがまとまっている場合
・離婚調停申立書の作成
・不在者財産管理人選任の申立書作成
・支払督促
・強制執行申立書作成
・財産開示手続き申立書作成
・建物明渡請求
・土地や建物の時効取得
・滞納マンション管理費・修繕積立金回収
・裁判所に対する戸籍訂正の申立書作成
・即決和解サポート
※元金で140万円を超える場合や家庭裁判所への申立等は書類作成業務となります

 

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました